中津のオススメ羅漢寺

羅漢寺

中津を代表する古刹 羅漢寺

日本三大五百羅漢の一つである羅漢寺は、大化元年(645年)にインドの僧、法道仙人(ほうどうせんにん)が開いたとされる古刹です。無漏窟(むろくつ)にある五百羅漢をはじめとして三千体以上の石仏があると言われています。室町幕府の三代将軍足利義満により建立されたと言われている山門など歴史的建造物も多く、見応え充分です。

 

詳細はこちら

羅漢寺の歴史
岩窟の古刹
荒々しい岩山、羅漢山の中腹に位置する羅漢寺は、大化元年(645)にインドの僧・法道仙人が、この岩山の洞窟で修行したことが始まりとされ、日本三大五百羅漢の一つに数えられます。
延元(えんげん)二年(1337年)には、臨済宗祖の円龕昭覚(えんがんしょうかく)が訪れました。この昭覚が十六羅漢の画像を描いて洞窟のなかに掲げたことから、羅漢寺と呼ばれるようになったと いわれています。
延元4年(1339年)には中国から逆流建順という僧が来寺し、円龕昭覚とともにわずか1年で五百羅漢像を造立したと言われています。
室町将軍の足利義満(あしかがよしみつ)も羅漢寺に帰依するようになり、当時この地を治めていた細川氏からも援助を受けていました。
 
戦国時代、大友宗麟(おおともそうりん)が領内寺院を邪宗として焼き払い羅漢寺もほとんどの伽藍(がらん)を焼失してしまいました。
 
寺は当初臨済宗でしたが、慶長5年(1600年)鉄村玄さくが来寺してから曹洞宗となりました。
 羅漢寺本堂
羅漢寺の見どころ
五百羅漢
無漏窟と呼ばれる岩屋の中に五百羅漢が安置されています。中央に釈迦如来坐像(しゃかにょらいざぞう)が安置され、両側にいろいろな顔をした500体以上の羅漢の石仏があります。羅漢とは釈迦の高弟のことです。
 
 五百羅漢
 千体地蔵
千体地蔵
室町時代に普覚禅師(ふかくぜんじ)という高僧がこの千体地蔵と十王尊を刻み安置したとされています。納められている石仏の数は、千百体以上を数えます。
仁王門
室町時代に建立され、門の天井には当時の将軍、足利義満より送られた 「羅漢護国禅寺」の扁額(へんがく:建物の表札)があります。
昭和十八年、羅漢寺の大火災の難を免れた貴重な建物です。
仁王門には、寛延四年(1751年)に建立された二体の仁王像があります。
 
 羅漢寺仁王門
 山門
山門
山門は室町幕府の三代将軍足利義満により建立されたと言われています。
扁額(門の表札)に書かれている「耆闍崛山(ぎしゃくつせん)」は羅漢寺の山号で、禅宗の黄檗(おうばく)の三筆に一人、即非(そくひ)和尚が寛文六年(1666年) 羅漢寺を参詣した際に書いたと言われています。
禅海堂
青の洞門を掘った禅海和尚が当時使用していたノミ、ツチなどの貴重な資料が展示されています。
 
青の洞門についてはこちらをご覧ください。 →  青の洞門
 
 禅海堂
羅漢寺リフト
羅漢寺リフト
羅漢寺は山の中腹に本堂や五百羅漢があるため、参詣には観光リフトが便利です。羅漢寺と山頂へ行くことができます。
 
料金など詳しくはこちらをご覧ください。 → 羅漢寺
 羅漢寺リフト