中津のオススメ青の洞門

青の洞門

禅海和尚の慈悲の心から生まれたトンネル

競秀峰の裾に位置する青の洞門は、当時難所だった道を安全に通ることができるようにと禅海和尚がノミで掘り続けて造ったトンネルです。当時のノミ跡も残っています。大正8年に発表された菊池寛の短編小説「恩讐の彼方に」で一躍有名になりました。

 

詳細はこちら

青の洞門の歴史
禅海和尚の手彫りのトンネル
江戸時代、荒瀬井堰が造られたことによって山国川の水がせき止められ、樋田・青地区では川の水位が上がりました。そのため通行人は競秀峰の高い岩壁に作られ鉄の鎖を命綱にした大変危険な道を通っていました。
 
諸国巡礼の旅の途中に耶馬渓へ立ち寄った禅海和尚は、この危険な道で人馬が命を落とすのを見て心を痛め、享保20年(1735年)から自力で岩壁を掘り始めました。
 
禅海和尚は托鉢勧進によって資金を集め、雇った石工たちとともにノミと鎚だけで掘り続け、30年余り経った明和元年(1764)、全長342m(うちトンネル部分は144m)の洞門を完成させました。
 
寛延3年(1750)には第1期工事落成記念の大供養が行われ、以降は「人は4文、牛馬は8文」の通行料を徴収して工事の費用に充てており、日本初の有料道路とも言われています。
 
 
 
 競秀峰と山国川青の洞門(手掘り)
禅海像
 明り採り窓
今でも残るノミ跡
青の洞門は、明治39年から翌40年にかけて行われた大改修で、完成当初の原型はかなり失われてしまいました。
現在の青の洞門には、トンネル内の一部や明かり採り窓などに、当時の面影を残す手掘り部分が残っています。