中津のオススメ三光の桃

三光の桃

甘くてジューシー!三光の桃

三光地区では桃の栽培が盛んです。三光の農家が丹精込めて育てた桃は甘くてジューシー。ちよ姫、たまき、あかつきなどの様々な品種の桃をぜひ味わってみてください。

三光の桃について
おいしい桃を栽培しています
中津では様々なフルーツが栽培されていますが、三光地区では桃の栽培が盛んです。三光桃は、共台(おはつ桃・あかば台等)を代木として、桃を接木したもので、現在一般的に栽培されている方法です。当地は赤土の為、共台で栽培した果実は、果肉の歯ざわりがよく糖度も高くなります。
 三光の桃
 三光桃
三光桃の品種
三光桃として、栽培されているのは、極早生の『ちよ姫』、早生の『たまき』、そして三光桃代表の『あかつき』などがあります。
 
ちよ姫は小ぶりでちょっと硬めでしっかりとした食感が特徴です。追熟しても柔らかくなりません。また、たまきは小ぶりで果肉が白く果汁が多くやわらかです。
三光桃の代表品種であるあかつきは、果肉は白っぽいクリーム色でうっすらと紅が混じっています。肉質は緻密で溶質ですがしっかりと硬く日持が優れています。食感も硬すぎるということは無く、適度な存在感と染み出す甘い果汁は桃ならではの美味しさを感じさせてくれます。