中津のオススメ汐湯

汐湯

風情ある建物でゆったり 汐湯

名の通り海水を沸かしている汐湯。趣のある建物と海水独特のまろやかな湯で、遠くからも観光客が多く訪れるスポットとなっています。

 

詳細はこちら

汐湯のご紹介
汐湯の歴史
明治15年ごろ「中津海水湯」として始まり、汐湯としては明治29年に創業しました。汐湯の字の通り、満潮のとき周防灘から流れてくる海水を利用して沸かしています。
普通の水から沸かしたお湯は40度でも熱く感じますが、海水から沸かしたお湯は42度でも熱く感じず、まろやかです。湯冷めせずにサラッとしていて、アトピーや神経痛に効果があります。
 汐湯
 汐湯外観汐湯 涼み台
風情ある建物
汐湯の建物は奥(北側)の3階建ての建物は大正時代に、手前(南側)の2階建ての建物は昭和30年代に建て替えられたものです。
汐湯の始まり当時の主人で名大工であった加来政一が建てた木造3階建ての建物には、1階に男女の湯舟、2階と3階に休憩室があり、川沿いに涼み台が作られています。涼み台からは湯上りに周防灘へとつづく中津川の様子をながめることができます。
 
お風呂上りに宴会も!
汐湯では風呂あがりに中津川の景色をながめながら休憩や宴会もできます。地元食材で1つ1つ手作りの料理が¥3,000~¥5,000です。絶品料理をお風呂上りにどうぞ。50名様まで利用可能な広間があります。季節のお弁当は¥1,000からとなっております。
※お食事は2日前まで要予約、5名様より
 汐湯 料理
汐湯詳細
住所

〒871-0057 大分県中津市三ノ丁1278-1

TEL

0979-22-0128

営業時間

10:00~22:00 ラストオーダー 21:30 ランチ11:00~14:00

※お食事は2日前まで要予約、5名様より

定休日

4日、14日、24日

入浴料

入 浴 料:中学生以上350円、小学生150円、未就学児70円

入浴と休憩:中学生以上700円、小学生250円、未就学児100円