中津のオススメえのは・川魚

エノハ・川魚

中津の味覚 えのは・川魚

渓流の多い中津では昔から川魚がよく獲れていました。鮎やえのはなど美しい水ので育った中津の川魚は格別な味わいがあります。

 

店舗一覧はこちら

中津の川魚
 鮎
1年の寿命なので、別名・年魚と言われます。岩にできる水苔を食べて成長しますので、唇が発達しています。川魚の生臭さはなく、瓜(スイカ)の匂いがします。姿が非常に美しい魚です。産卵期(稲刈りのシーズン)になると河口へ下り産卵します。そして川を遡上してくる習性をもっています。
縄張りの修正を持っており、違うアユが入ってくると体当たりで自分の縄張りから追い出そうとします。
おとりのアユを泳がせそれに針をつけて釣り上げるのが「友釣り」といい、アユ独特の釣りの方法です。
えのは
サケ科に属するこの魚は、「渓流の女王」と呼ばれ、体の側面にパールマークと呼ばれる非常に美しい小判型の斑点があるのが特徴です。この斑点は成長と共に薄くなっていくようです。水が奇麗な渓流域に生息し、肉食で水中や水面に落ちた昆虫や水生昆虫を食べますが、非常に用心深く俊敏な動きをします。
写真で分かるように山国川では体の中央に赤い斑点があるものが生息しています。これは、「ヤマメ」ではなく「アマゴ」という種類のものです。
九州の大分、宮崎では、これらの魚を「えのは」という呼び方をしています。紅葉の時期が旬で(サケ科ですので秋サケという具合に)深みのある味わいはアユのおいしさを凌ぐものとされています。
 えのは
 
川魚料理
定番の塩焼きから甘露煮まで
鮎やえのはなどの川魚料理として定番なのは塩焼きです。囲炉裏や炭火などの遠火でじっくりと焼いた塩焼きは川魚本来の味をそのまま味わうことができます。
また、骨まで柔らかくなった甘露煮も格別の味わいです。
 
えのは・川魚を味わえるお店
 
店舗一覧はこちら
 えのは塩焼き囲炉裏での塩焼き